ニキビの悩みは美容整形で解決|レーザーで即効治療で美人肌

笑顔

顔のクレーターを治す

先生

レーザー治療で改善できる

思春期には誰にでもニキビができます。しかしニキビというのは、尋常性ざ瘡という皮膚の病気なのです。爪でつぶしたり、放置しておくと顔に痕が残ってしまう恐れがあります。最近は大人にもニキビができますから、悩んだら美容整形で診察を受けることです。顔にニキビ跡が残ってしまった場合は、美容整形の治療を受ける必要があります。主にレーザー治療で改善することが出来ます。CO2レーザーを照射することで、毛穴に詰まった皮脂などを取り出すことができます。フラクショナルレーザーを使えば、ニキビ跡のへこみを改善することができます。ニキビ跡というのは顔の皮膚がデコボコになった状態なので、美容整形でも完全に元に戻すことはできないのです。そのため痕にならないように早めな治療が必要なのです。特に大人になってからのニキビは痕となって残る可能性があるので、早めに美容整形の治療を受けるべきです。今最も注目を浴びているのが、完全オーダーメイドの最新ニキビ痕治療を行っているクリニックです。今後は治療技術の進歩により、治らなかったニキビ痕のクレーターも完治できるようになります。

洗顔後の保湿ケアが大切

ニキビ痕が残ってしまうと、その後のケアが大変です。そのようなことにならないためには、ニキビができないように予防することが大切です。ニキビができてしまうのは、基本的には毛穴の入り口が何らかの理由で詰まってしまうからです。思春期になると成長ホルモンの分泌が増えます。それによって顔の皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなるのです。特に男性ホルモンがそれらの分泌を活発化させるのです。またストレスや睡眠不足が続くと自律神経が変調をきたして、副交感神経のバランスが崩れます。そうなると男性ホルモンの分泌が多くなり、皮脂の分泌も増えるわけです。また女性の場合は生理前に黄体ホルモンが分泌するので、ニキビができやすくなります。予防のためには顔を清潔にする必要があると思って、1日に何度も洗顔する人がいます。しかし洗いすぎは良くないのです。なぜなら洗顔後は乾燥しやすくなり、乾燥するとニキビができやすくなるからです。顔を洗うのは朝と夜の2回が適しています。そして洗顔後は保湿ケアをすることが大事です。また、定期的に美容皮膚科や美容外科へ通院して、ニキビの発症を予防するようにしてもよいでしょう。